• appC cloudを使う理由は「広告デザイン」の自由度の高さです。それが一番のメリットです。
  • プラットフォームごとに開発しなければならない部分の開発工数を大幅に削減でき、SDKの実装も簡単でした。
  • レビューサイト等の出稿先カラーに合わせた広告をリアルタイムに変更できるのがメリットだと思います。
  • 特にプロモーション面でレビュー掲載保証がありがたいです。
  • ローコストで課金システムを実装できて、広告からアプリの宣伝までを担う大変素晴らしいサービスです。
  • アプリに合った広告を選べますし実装も簡単にできるところがいいですね。
  • 統計や他の機能が一つにまとまっていて、凄く助かっています!
  • Cocos2d-xのSDKが簡単に利用できるので、コストをかけずに導入することができました。
  • 広告への誘導ボタンをこちらで用意できるため、アプリの外観を損ねずに収益を上げることができました。
  • アイテム課金の機能が簡単に実装でき、非常に助かっています。
  • 簡単だったので今後も使い続けようと思います!
  • アプリのプロモーションをサポートしてくれることが魅力です。
  • 配信制限無しでプッシュ通知を利用できることが素晴らしい!
  • アプリを様々なところでプロモーションしてくれるところがありがたいです。
  • 高校生アイドルが自らの写真アプリにリストビュー広告とアプリ内課金を実装できるほど簡単。
  • チュートリアルで詳しく実装方法が書かれていたので簡単に実装できました。
  • ゲームアプリ本来の開発に集中できる、大変素晴らしいサービスだと思います。
  • 様々な機能が無料で使えるのはすごく魅力的です。
  • 広告の実装が驚くほど簡単で、PRも無料でできるのが魅力です。
  • 対応プラットフォームにMonacaが加わりました。ハイブリッドアプリの収益化をお考えの方は本当の意味での収益最大化を実現できます。この機会にWeb制作者の方もアプリ収益化にappC cloudを是非お試しください。

全てのツールが無料でご利用いただけます。

サービス比較表

appC cloudは、今までappCが提供していたアプリ向けの「CPIのADネットワークサービス」の機能に、アプリ開発者向けのソリューションサービスである「MBaaS(エムバース)」の機能をプラスして誕生したサービスです。ここでは、それぞれのサービス分野におけるappC cloudの機能を比較します。

  • CPI広告提供会社比較

    CPI広告とは、スマートフォン広告のひとつで、クリックするとアプリマーケット(GooglePlay、App Store)に移動し、指定のアプリをインストールし起動することで報酬が発生するタイプの広告です。主にポイント等のインセンティブを与え広告アプリのインストールを促進する『リワードタイプ』とインセンティブを与えない『ノーインセンティブタイプ』に分類されます。

  • BaaS提供会社比較

    MBaaS(「エムバース」Mobile Backend as a Serviceの略)とはアプリケーション開発の中で、サーバーサイドの実装を肩代わりしてくれるサービスです。スマートフォンアプリの開発に必要な汎用的機能をAPI、SDKで提供しサーバー側のコードを書くことなく、サーバー連携するスマートフォンアプリを効率よく開発できるようにするクラウドサービスです。

国内外の有名アプリデベロッパーが続々とappC cloudを導入中!

ニュース

▼過去のニュースはこちら

イベント

▼過去のイベントはこちら

ブログ

▼過去のブログ記事はこちら

メディア掲載情報